猛暑に引きこもってマンガを読む、引きこもりがオススメする電子マンガ10選!

サイトオーナー

こんにちは!電子マンガ大好きみず(Twitter)です(・ω・)

2020年夏。

長雨が終わった途端に、連日35度を超える狂った猛暑日が続いています。

外に出るだけでサウナ感覚…(←サウナダメ人間)

かと思えば、突如のゲリラ豪雨…。

ぼくは夏はとても苦手なので、あまりお出かけしないです。

コロナ禍というコトもあり、おうちで過ごしている方も多いのではないでしょうか。

よく図書館に逃げ込んで、涼しい場所で読書…というのは夏の定番だった気がします。

今は時代が電子書籍。ということで今回は、

電子マンガ大好きみずがオススメしたいマンガ10選!

をご紹介します!

どれも面白いゾ(・ω・)

切ない恋?キュンキュンだけどハラハラドキドキのマンガ

少女漫画がいま、男性もよく読むんだそうですね。

その反対もあるようですが(青年漫画を女性が読む)。

でも面白いものは面白いから、性別は問わん!

少女漫画といってもハラハラドキドキなサスペンスチックなお話も含んだ、3作品をご紹介します。

わたしの幸せな結婚(原作:顎木あくみ・作画:高坂りと・他)



原作者名が一目では分からないと思いますのですが、顎木さんは「あぐとぎ」と読むのだとか。(最初読めなかったよ)

顎木あくみさんの小説デビュー作が漫画になったもの。

今はカドカワ文庫から出版されていますが、そもそもは小説家の卵が自由に投稿できる「小説家になろう!」というサイトで、顎木さんが最初に投稿した小説です。

時は大正時代(くらい?)の帝都でのお話。異能の家に生まれながら異能を持たない斉森美世が、捨てられたも同然で嫁にやらされるのだが、その先がめちゃくちゃスゴイ伯爵で冷酷とウワサの久堂澄霞の元。

果たして美世はシアワセな結婚が出来るのか?ってお話。

少しネタバレすると、実は美世のお母さんが超異能持ちの家系で、その辺りも話に絡んだりとかもあるし。

また、清霞は手をかざすだけで斉森家の門扉を焼き尽くすとかw

心温まるシーンもあったりと見どころは沢山ですよー。

 

私たちはどうかしている(安藤なつみ)



舞台は老舗の和菓子屋の光月庵。
主人公・七桜(なお)は5歳の時、光月庵の若旦那殺しで母が逮捕されるが、無実を信じて15年後、光月庵に乗り込み事件の真相を探るというストーリー。

女主人のゲスさが半端ないw

そしてヒロインの相手となる椿がイケメンである。

この漫画は2020年夏にドラマ化されたので、割と知ってる人も多いと思うけど、原作マンガはより想像力を掻き立ててくれる。

なのでドラマを見た人もそうでない人もハラハラの展開は引き込まれます…!

 

 

プライド(一条ゆかり)



だいぶ前の作品だけど、昔「りぼん」かなんかで少女漫画書いてたあの大御所とも言える一条ゆかりさんの作品。

元?お嬢様の主人公・史緒が、周囲の妨害を受けつつ、一流のオペラ歌手を目指すというストーリー。
ライバルの萌の執念というか、対抗心がすさまじくて、

まるでストーリー自体は昼メロドラマみたいな感じですw

そのような展開の物語が大好きなヒトにはめっちゃ推したい作品ですね。

ラストが凄い意外でした!

色々な時代を考えさせられる恋愛モノから社会モノまで

昔のマンガが、今読んでも新鮮な感じがするのもあれば、今の時代だからこそ胸に響くものもあるよね。

また、昔の時代を舞台にした漫画なんかは、色々自分の中で想像しながら読めるので、ドップリハマったり出来るものもあったり…。

名セリフが多いマンガや、セリフが独特のマンガ、更には今の社会を風刺するようなマンガなどを集めてみました!

サンクチュアリ(原作:史村翔、作画;池上遼一)



個人的には、90年代最高の青年漫画の傑作だと思っているほど、思い入れの深い作品。

結構人気になったマンガで、芸能人が推すほどファンが多い。

ヤクザと政界という、表と裏の世界をそれぞれ行く北条と浅見が日本のトップを目指して、破天荒に日本を食い荒らすといった作品です。

原作はあの北斗の拳を書いたヒトです。
池上さんのマンガなんでそれなりにエロイ。w

でも90年代の作品なのに、今でも政治にモノ申してもおかしくないセリフを浅見が吐いているのは、未来の予言だと思った。
それほど今読んでも全く色あせない傑作です。

花宵道中(原作:宮木あやこ、作画;斉木久美子)


時は江戸時代の、遊郭吉原での遊女の話です。

この作品をきっかけに、吉原の話とか遊郭の研究書とかにハマりました。笑

なんといってもそれぞれのストーリーに出てくる登場人物が全て過去と現在、未来でリンクしているっていう作り方が素晴らしい。

だから最初から最後まで引き込まれるように読めます。

ただの官能マンガじゃないですよw

女性でも男性でも読んで欲しいなあ。

もっと遊女は厳しかったんだろうけど、これはこれで切なく読めて泣けてくる作品です。

神様がくれた背番号(原作:松浦儀実、作画:渡辺保裕)



やきうマンガは色々読んだけど、一番最近読んだ中で気にいってるのがこの作品。

まあ原作がかなり有名なので、知ってる方も多いかも知れない。

ホームレスの前にある日神様が出現し、願いをひとつ叶えると言われ、40歳にして阪神のエースになるという、いともありえないバカバカしい設定なんだけど、そこがまたいいんだよね(笑)

実は仲良くしている心臓の悪い子供への愛が詰まってるとか、感動ですよ。

実物でかつての金本とか、元プロ野球選手が登場するところがリアルなアンバランスを生んでいて引き込まれる作品だと思う。

1122(渡辺ペコ)



「夫婦浮気公認制度」というのを実践し、パートナーが不倫しているのを公認している、セックスレスが原因の夫婦のお話。

だけど夫婦仲が壊れているワケじゃない。

夫婦の在り方って何だろう?

を、強烈に問いかけてる内容。

絵がキレイだからかも知れないけど、それだからか返ってゲスいと思われる場面が本当にゲスく見えてしまうのは気のせいなのか?

これ、ドラマ化しないかなあ。

他に好きなヒトがいるパートナーに対しての主人公の信頼度が切ないし、見ていてほっとするシーンも見どころのひとつです。

色々と痛すぎるのが超面白すぎるマンガは結局面白い。

セフレだとか、メンヘラだとか、復讐だとかマンガにはありがちなんだけど、ぼくの読んだマンガたちはどれも話の内容が深くて

ジーン・・・

ときたものが多い。

実際反響が半端ない作品もある。あり得ないかもしれないけど、ヒトはどこかで一度感じたコトがあるような気持ちを深く掘り下げている作品を紹介します!

セフレの品格-プライド- (湊よりこ)



「セフレに品格なんてあるんですか?」

「セフレってある意味サイテーではないですか?」

と思うヒトもいるかも知れない。

けど、この主人公である妙子(しょうこ)は立派に少女のような、純粋な恋をしているコトに読み進めていくと気づかされる。

最初は身体かもしれないけど、やっぱり大切なのはココロなんだよってコトを、この作品では訴えたいのかも知れないなと読んでて思った。

湊よりこさんの作品はいくつか読んでますが、これが一番いい!

内容通りHシーンはいっぱい出てくるので、耐性のないヒトは読めないかも知れないけど、絵は凄くキレイです。

ブスにはブスのやり方がある-整形と復讐と-(月城渚)



「酷いブスだから」という実に下らない理由で、中学時代壮絶ないじめを受けた主人公・愛美(いとみ)が、大人になり整形していじめたやつらに復讐していくというもの。

単に整形して復讐するマンガは他にも沢山あるけど、この作品は絵がシンプルでキレイ。

おまけに、愛美がマジメで良心をきちんと持っているところが、ドロドロになってないから救われる。

けど、作中に出てくる愛美の過去のイジメは吐きたくなる位酷い。だから復讐するとスカッとする気分に読者もなるんだと思う。

最後の的であるお嬢様のサイコパスぶりも見もの。

君に愛されて痛かった(知るかバカうどん)



何故この漫画に出会ったのか、さっぱり覚えてないんだけど

この漫画はスゴイ。

現代のJKの闇をまんまグサリと突き過ぎている。

ただのメンヘラマンガと思って読んだら衝撃受けるレベル。

主人公が、付き合っている男子に対してのLINEで返事が返ってこないのに打ちまくるシーンなんて

ホントリアリティありすぎて怖い位。

物語のプロローグがバットエンドから始まるんだけど、2020年夏現在まだ完結していないマンガ。

原作のバカうどんさんが言うには、「誰も幸せにさせない」エンディングにするとか。楽しみ過ぎる!

引きこもりの夏に読みたい引きこもりが推す電子マンガ10選・まとめ

他にも色々読んでるので、ここに紹介したのはほんの一部なんだけども

すぐにマンガの世界に、入り浸る癖がついちゃってるぼくみたいなヒトには、是非読んで貰いたいマンガばかりです。

マンガはやっぱり手に取ってみるのが一番なのかもしれないけど、

「単行本がかさばる」

という大問題が発生する。

それに電子書籍が消えなければ、いつまでもネット上に残るものなのでいつでもスマホ片手に読めるお手軽さがいいのかも知れない。

本屋には本屋の良さがありますが、電子マンガにもそれなりの良さがあるので、何かひとつは読んで欲しいなという、ぼくのオススメマンガでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サイトオーナー
スポンサーリンク
シェアしてね!
みずをフォローして下さると嬉しいです!
みずブロ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました