対侍JAPANとの練習試合でオリックス2軍が頑張った!

贔屓コラム

去る10月26日、宮崎のサンマリンスタジアムで侍JAPANとオリックス二軍の練習試合が行われたのはご存じの方はいるだろうか。

結果、3-1で侍JAPANが勝ったワケだが、ぼくはもっとぼろ負けしてもおかしくなかったと予想していた。

それ程オリックス二軍が堂々渡り合えたのである。
お侍がベストメンバーとは言えなくても、球界の一流選手ばかりであることに変わりはない。

その詳細から、オリックスの二軍出場選手が得たものを解説しよう。


堂々と渡り合えたオリックス二軍オーダー

両チームの先発はこれである。

1 一 佐野昭大
2 左 西浦颯大
3 二 太田椋
4 中 中川圭太
5 三 宗佑磨
6 捕 頓宮裕貴
7 右 根本薫
8 指 廣澤伸哉
9 遊 宜保翔

対する侍JAPANの先発は
1 秋山翔吾

2 山田哲人

3 吉田正尚

4 鈴木誠也

5 近藤健介

6 浅村栄斗

7 外崎修太

8 曾澤翼

9 源田壮亮

10 菊池涼介

先発は、オリックスが本田仁海、侍が今永。

いくら辞退者が続出しているお侍だとはいえ、オリックス2軍に華を全く感じないのは明らかなのだ。

それが3-1という試合のスコアとして「見れる」スコアだった。

試合展開を追いながら、特に活躍した選手を挙げておこう。

試合展開から見る、オリックス若手の躍動。

まず試合が動いたのは2回。お侍の2回裏、鈴木誠也がバックスクリーンに放つソロホームラン。その後、本田は近藤に安打を許し、ツーアウトまでこぎつけるも曾澤に二塁打を打たれ2点目献上。

しかし、本田の投球イニングは4回だったのだが、乱れたのはこのイニングだけで、被安打4、四死球1というコントロール。

お侍相手によく力投してくれた。

本田は、まだ一軍経験がそもそもほぼない投手である。

オリックス2軍がお侍から得たもの。

これだけで喜んではいけないのだろうが、

相手のお侍の継投は、今永→大野→山岡。

1点をもぎ取ったのは山岡の時だが、それ以外にも打ててる選手はいた。

予め言うのを忘れていたが練習試合だからか、この日の試合は7イニング制。

オリックスの継投は本田→鈴木→漆原→神戸→田嶋であった。

田嶋はまあ一軍経験値もあるし、さすがといったところだけど、鈴木優や漆原や神戸といったところは、お侍相手に投げれるなんぞ、さぞ貴重な経験になっただろうし、ここから何かを掴んでいてくれたら、と願う。

問題点を先に挙げとくとすると、やはり細かいミスがエラーやエラーにならないものに出てしまうところだ。

漆原の1失点は押しだしによるものだが、味方のエラーが発端である。

味方がエラーすると、投手は些か萎えてしまうんだよな…。

それはどの投手でも同じだと思う。

投手も野手も、お互い迷惑をかけないプレーが大切だ。

オリックス2軍 お侍練習試合敢闘賞は?

ぼくが勝手に選ぶ、今回の試合の敢闘賞、特別賞を挙げてみよう。

まず本田投手はよく投げた。試合をきっちり作ってくれた。

そして2本二塁打を放った中川だ。

このヒト本当にルーキーなの?(小声)

7回の1点も、中川の二塁打をきっかけに、頓宮が犠牲フライで返した得点だった。

頓宮は捕手として覚えなくてはいけないことが沢山あるだろうに、打撃でも活躍している。

飲み込みがいいのだろうか?

まだまだいるオリックスの未来選手

そして付け加えておきたいのが、下位打線ながら2安打を放った宜保である。

実際フェニックスではそれほど打ってないのだが、もしかしがら大舞台に強い選手として

成長する可能性を秘めた選手なのかもしれない。

中川の二塁打二本については先ほど述べたが、とにかく中川は自分の役割をしっかり分かっている。

要は選手意識が高い。

他の選手と一線を画しているのが、オリックスの若手を見ればわかるだろう。

プロに入ってようやくまともな練習が出来るようになり、きっと今が一番本人も楽しいのだろう。

その気持ちを忘れないようにしておいてもらいたい。

上位三人がノーヒットに終わったのは残念だが、特に太田はフェニックスでもいまいちなので

秋季キャンプから目的を持った練習に励んでもらいたい。

根本もこれからが期待される選手なので、頑張ってほしい。

オリックス2軍対侍JAPAN感想まとめ

この試合、快勝とか書かれてましたが、誠也と曾澤いなかったらどうしてたのか(笑)

辛勝でしょ。

余談ですが、個人的には今年漆原と稲富が支配下に上がるとみている。

どのみちFA選手も獲らないということであれば、現状の選手を底上げするしかないので

ここで西村チルドレンが沢山生まれれば次世代のオリックス躍進に繋がってくれるのなら、ぼくは大歓迎だ。

1年やそこらで優勝できるものでもないからね。

今年は圧倒的強さでソフバンが日本一になったので、そのモデルを是非、舞洲という素晴らしい環境を生かして作ってもらいたい。

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました