【オリックス】ようやく楽天・則本攻略した!榊原熱投で打線も援護射撃

オリックス2020

(出典:https://hochi.news)

こんにちは。みず(Twitter)です。

則本というピッチャーには、本当に何故こんなに抑えられるのか。

毎回同じコトの繰り返しで、いら立っているファンや、もはや諦めているファンも

どちらも多かったコトだろう。

いや、打てなかったというべきか?・・・しかし・・・?

7月24日

オリックス6-2楽天

試合中雨が降り途中で中断するなど、グラウンドコンディションの悪い中

榊原の好投もあり、打線が援護して終盤で決着をつけた試合となった。

ちょこちょこ謎はあるものの、全体的にいいゲームだった。

ナイスゲーム!

これで残り2戦を待たずして、今週の対楽天戦の勝ち越しは決まってしまいましたから。w

組み替えてきた打線。功を奏して投打が噛み合った試合

今日はクリーンアップまた弄ってきて、

正尚3番、4番ジョーンズ、5番ロドリゲス、6番西村ときた。

6番を西村が打つ日がくるとはなあ…(独り言)

Tがどうも調子が上がらなさそうだし、やはり怪我疑惑が消えない中でスタメン落ち。

それでも今現在の、上位も下位打線も現状ベストオーダーとも言える、スタメンだったんじゃないかな?

前の日は引き分けに終わるも、8回にジョーンズのタイムリーが生まれたことで彼を4番に戻したのだろう(逆にロドリゲスはほぼ打てなかったが)

何よりオリックスが苦手としている則本に相性のいい、正尚のタイムリーで序盤に点数が取れたコトがまず大きかった。

正尚が口火を切ったコトで、良くも悪くも改善は必要

というかこの試合の打者はやはり正尚に尽きる。

初回に2点タイムリー、続く7回にはロドリゲスのタイムリーに繋がる内野安打。

いくら則本と相性がいいとはいえ、5打数3安打は出来過ぎかな(・ω・)?

これでチームのムードもいい感じになるし、今のオリックスベンチは本当に明るいよね。

途中試合が膠着状態になって、一旦則本も立ち直ったかと思ったところを、

7回8回と攻め立てられたのは大きい。

ただ4回の攻撃には反省をして貰いたいかな。

ダブルスチールのつもりだったのだろうが、次はジョーンズだし、不用意にホームに突っ込まなくても良かったんじゃないだろうか?

幸い?ほぼ何事もなく済んだケド、オリックスは時たまこういう細かいミスを無くしていかないと上の順位は難しいだろう。

しっかり攻守ともに作戦を無駄潰しにしてはならない。

それから、8回の西浦の落球だ。

雨で視界が悪いとはいえ、同じ土俵で戦ってるのはみな同じだ。

あれで簡単に1点やってしまったのはとても勿体なかったなあ。

攻撃は効率よく追加点を取り榊原を援護出来た

 

(出典:https://www.nikkansports.com/m/)

序盤の1点からは、則本の本来の投球で、なかなかチャンスが作れなかった試合だった。

その中でも今日6番に入った西村は2打数1安打、他にも出塁と、いい繋ぎ役を果たしてくれた。

今は下位打線の若月や安達が調子いいのもあるが、オリックスは次の打者に繋げようという意識をもっと高めて欲しい。

今年それが出来ているのはTだろう。

彼は本当にボール球に中途半端さがなくなり、球を見切れるようになった。

プエルトリコ行くだけでこんな変わるのかな(・ω・)?

と思ったり思わなかったり・・・。

まあ、収穫が今年に生きてると思えばいいか。

安達の相変わらずの好調さもあるが、西浦にもようやくタイムリーが出た。

と、思えば最近不調気味のロドリゲスが試合に(則本に)トドメを刺す2点タイムリー。

いやあ・・・。則本も次は修正するだろうけど、オリックス打線もコレを自信に変え、次の対決が来る時も、緊張せず、力まず臨んでいけば対応出来るようになるんじゃないかな。

好投した榊原と、謎継投の中で結果を残したリリーフ陣

(出典:https://news.biglobe.ne.jp/)

この日の榊原は殆ど甘い球があったわけではないが、三振を取りにいくより打たせて取るピッチングをしたと思う。

前回までは力みからか、自分で何とかというシーンが多くそれが自滅に繋がったような気がする。

しかしこの日はいい具合に力が抜けていて、フォームもスムーズだった。

トライが戻ったコトで、彼との相性は榊原はきっと良いのだろう。

ピッチャーは捕手で左右されるのは、あることだからね。

アレ?と思う継投も、齋藤の評価がうなぎ登りな件

8回からは斎藤綱紀が登板した。この時点でかなり雨が降っていていつ中断してもおかしくない状況。

マウンドの状態もほんとに良くなかったと思う。

しかし、点差をつけたとは言え4点差でこの場面を任されるようになったってコトは、綱紀自身が一軍に上がって結果を残してきたからだと思う。

この最悪なお天気の中で無事ツーアウトを取ったのだが、ここでいったん試合が中断。

あまり待たずに試合は再開となったのだけど、何故か次の打者は左の茂木なのに荒西が登板。

間が空いたからなのか?いや、関係ないよなあ…。

結局よんたまから西浦のエラーで1点返されると、結局ノブに交代。

youは何故マウンドへ(・ω・)?

というような場面だった。

で、ノブは危なげなくアウトを取って、今日もお疲れ様でしたというコトだったんだが、

こういう日にノブは使いたくない…。

しかも、1イニングでベンチに2人しかいない左腕を使ってしまうとは?

ここだけはちょっと継投が微妙に思えた場面だったのだが、どうだろうか…。

しかし、本当にここのところ綱紀はよくやってくれている。

開幕から、海田さんの調子がよろしくなく代わりに昇格した格好になったけれど、

いつまでも海田さんに頼れないので、本当に綱紀にはコレからもシーズンが完走出来るくらいの投球で、ブルペンを助ける一人になって欲しいね(・ω・)

ようやく楽天・則本攻略した!榊原熱投で打線も援護射撃・まとめ

とりあえず則本を攻略できたのも、榊原がこのマウンドにかける想いが強かったからというのも、あるのかもしれない。

以前は由伸や山岡の時に則本が当たって、全く打てないで終わっていたけども、その二人なら正直言って則本と互角に戦える力は既に持っている。

榊原はどうかというと、今日が本当のチャレンジで則本と投げ合い出来たコト自体が素晴らしかったし、今季初勝利を挙げて良かった。

この感覚を忘れないように次の登板にも生かしてほしい。

打線は正尚の調子が上がってきたし、ジョーンズは打てたり打てなかったりだが、今日は昨日も凡退してしまっていたロドリゲスが貴重な追加点を挙げてくれたのが収穫だった。これを機にまた本調子を取り戻して貰いたい。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
オリックス2020贔屓コラム
スポンサーリンク
シェアしてね!
みずをフォローして下さると嬉しいです!
みずブロ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました