令和初ドラフト終了!指名全選手紹介するよ【阪神】

思うがままコラム

(出典:https://search.rakuten.co.jp/)

もう一つの贔屓球団の情報がいまいち手薄(中日…)

大阪の多くのファンにはもうご存じな方も多いだろうけど、全国にいるファンの数を考えたら、阪神のドラフト指名も挙げとこうと思い、今回取り上げる。

この中から「矢野スピリッツチルドレン」を持つスターが生まれることを願いつつ。

紹介しちゃうよ!

近年良化してきたように思う阪神ドラフト

かつて、阪神には「暗黒ドラフト」があったのを覚えているファンは多かろう。

それこそ誰かいたような気がするけど、ドラ1で早々戦力外になっている選手も多い。

だいたい良くなってきたのは故・中村GMになってからだ。

負広なんて凄く言われたけど、彼の残した業績は大きい。

まず日本各地にスカウトを増やし、金の卵を見つけ出すことをやり始めた。

そして、掛布氏を阪神タイガースに復帰させたのは、最終的に中村GMの決断だ。

過去交通事故を起こしたことのある掛布氏を、球団本部はあまり良くは思っていなかった。

(親会社が鉄道なので尚更)

それを引き戻したのは金本ではなく、中村氏だ。

はあ、なんでいいヒトって早く亡くなるんだろうね。

阪神の戦力分析から見る欲しいポジションはどこか

阪神は若手が伸び悩んでいるだけで、内野手はそこそこいる。

しかも今年は近本などの成長もあり、段々とレベルも上がってくるだろう。

一番の問題は外野である。

いつまでも福留や糸井に頼れないし、外野だけは固定化してないからだ。

だから誰にでもチャンスはある。

後は投手の再整理だろうか。

ドリスの行方が分からない時期なので、抑えは球児でいくのか。

それでも球児にいつまでも頼っているわけにはいかない。

先発もメッセが抜けたことによる穴は大きい。

よって外野手が最優先、投手がその次となるだろう。

年齢的に見ると…?

昨年まで大卒を中心に獲っていたせいか高卒の選手が少ない。

20以下とか思い当たらない(阪神ファンのヒトごめんなさい)。

ちょっと前まで植田が「また一番年下…」とドラフトの度に毎年ツイートしていたのを思い出す。

植田世代も大卒に入ったので、高卒以上が少ないのだ。

今こそ育成体制も羨ましいほど揃っているので、育成しつつ勝つということをチームとしての課題なのだと思う。

それでは阪神の指名選手(育成契約も含む)を全員紹介しちゃうよ!

阪神タイガース支配下指名6人はどんな選手?

阪神は今回1位で高校生No1とも言われる奥川くんを指名するが、3球団競合の末ヤクルトの高津新監督にかっさわれた。

外れで指名したのは、今季FAで阪神に移籍し、今季も2桁勝利を挙げた西勇輝の親戚の、西純也(創志学園高)。

なんとも言えない、こんな運命って実はたまにあったりするね。

昨年のオリックス2位指名の頓宮は、実家が山本由の近所で幼馴染だし。

阪神の支配下指名の内訳は

高卒投手 2人
大卒投手 1人
高卒捕手 1人
高卒内野手 1人
高卒外野手 1人
課題の外野手少なくない?

と思ったが、育成指名の2人は大卒外野手である。

意外にもバランスよく獲ってるよね。

では紹介に行こう!

1位 西純也(創志学園高)

2年の夏に甲子園に出場しているのは有名だ。

そこで三振を取りまくった「ドクターK in 甲子園」

そして派手なアクションが高野連から注意されたこともあった。

それくらいガッツのある投手だし、マウンドに上がる度胸というものが備わっているように思う。

ぼくは、「マウンドに上がることを恐れるなら上がるな理論」だから、こういう投手は好きだ。

MAX154キロという速球の持ち主でもあるが、決め球に縦スライダーを持って来れる選手である。

動画を見ると高校生離れしたエグさで、かつて山岡が高校時代投げていた時と似ている。

インコースを思い切って突ける面もある。

上手く育てば、一軍のマウンドもそう遠くないだろう。

2位 井上広大(履正社)

とにかく身体が出来上がっている。履正社の今年の甲子園スターとも言える井上くんがドラ2で指名された。

外れ1位で消えてもおかしくない選手である。

しかも遠投120mというとんでもない強肩の外野手だ。

こんな選手は阪神には必要不可欠だと思う。

ロマンがあるよね。うん。今プロ野球の選手にはなかなかロマンを感じないから。

この選手も案外早く上がってくるかも知れない。

大柄で身体も出来ているから、あとは細かい部分の見直しだろう。

3位 及川雅貴(横浜高)

なんだか、オリックスと欲しい選手が被ってるんだよな…。

この及川くんが3位まで残っていたというのも意外である。

3年次に甲子園に出場。何と言っても激戦の神奈川大会を勝ち抜いたチームのエースナンバーを背負っているのだから。

そしてかつては左腕王国と言われた阪神も高年齢になり、左コレクションは横浜というイメージになった。

左投げの及川くんの主体は183センチという身長からMAX153キロだが、この及川くんも縦スライダーで勝負してくる投手である。

他にもカーブやチェンジアップなどで、三振が獲れる。

左の縦スライダーというと、打者にはちょっとやっかいな投手になる。

この決め球を更に磨いて、是非一軍で活躍して欲しい。

4位 遠藤成(東海大相模)

二刀流と言われている東海大相模から指名されたのが、遠藤くんである。

だがプロになるにあたっては、内野手としているらしい。

バッティングだけを見ていたが、フォームが今年の若月に似ている左バッター(若月は右)という印象なので、打てるのか心配してしまう。

(若月の打率は言うまでもない)

ただ、あまり極端にフォームを弄るのは、投手も野手も、ぼくは好ましくないと考えている。

まずは自分らしさを追求して、鳴尾浜で鳴らしたあと、甲子園に上がってきてくれたらなあという、果てしない伸びしろを感じる選手だ。

5位 藤田健斗(中京大中京)

現在中京大中京は2校あるので紛らわしいが、藤田くんは「岐阜県瑞浪市にある方の高校」であり、愛知の同名高校ではない。

捕手も梅野の後釜を作らなくてはならないだろうけど、藤田くんの高校の大先輩としては、同じく捕手として大成し、今季楽天を退団した嶋がいる。

捕手が育つ高校なのか?

というジョークは抜きにして、強肩はもちろん、打撃力も期待できる、OPSどこにも載ってなかったんですが。

出塁率と長打率併せたら、OPSは7位は行っているだろう(甲子園と国際大会を合わせての結果)。

ロッテに指名された佐々木くんの球を受けるなど、実戦も豊富な藤田くんはチームにすぐ溶け込んでくれそうだ。

6位 小川一平(東海大九州キャンパス)

6位指名を受けた、小田くん単体今年の動画はなかった。

それもそのはず、19年に部員不祥事事件を野球部が起こしており

どうも対外試合が禁止だったため、今季のデータがない。

さらに2年前には熊本地震のせいでキャンパスが半分崩壊して、野球の環境が出来なくなるところだった。

何とも不遇な境遇でしかなかった小田くんが、プロ指名されるコトは嬉しい限りである。

是非プロで、本格的な練習を沢山積んで、一軍のマウンドを掴みとって欲しい。

以上が支配下指名された6名の精鋭である。

阪神・育成指名の選手達

阪神は育成で2名、それも大卒の外野手を獲りにいった。

これは結果的に正解だったと、ぼくは思う。

育成しだいだが、支配下登録も早くなる可能性は充分にあるし、人員不足の外野を補って欲しいものだ。

では、育成2名を一人ずつ紹介しちゃうよ!

育成1位 小野寺暖(大阪商業大)

育成1位で指名された瞬間の小野寺くんは、ホッと安堵の表情を浮かべたという。

やはり、プロへのこだわりがとてもあったのだろう。

選手としての小野寺くんのスペックを見ると、50m6秒2、遠投110m、大阪リーグで首位打者のタイトルを獲得した経歴も持つ走攻守揃った右打者である。

身体つきもいいし、これはポスト糸井になれそうである(大げさか?)

育成2位 奥山皓太(静岡大)

甲府西時代まで、そして静岡大でも故障などがあり、昔から注目されていたわけではない奥山くんが育成2位になった。

50mは5秒8、遠投120m、大型野手のスイッチヒッターである。

こうして見ると、ちょっと異色な外野手である。

186㎝90キロの恵まれた体格で身体能力も高い。

大卒の育成が大成するかは分からないが、是非育って貰いたい素質を備えている選手である。

 

ここまでが阪神タイガースの支配下・育成指名全選手の紹介。

全員がそれなりの素質を持った選手ばかりなので、ミスタータイガースのようなスター選手が出るのを期待したい。

令和初ドラフト指名阪神のまとめ

結果的に痛いところを上手く補強出来たのが、ぼくの阪神のドラフト評である。

そして高卒選手を多く獲れたことは大収穫と言っていい。

特に西の親戚である純也くんであったり、履正社の井上くんであったりだ。

かなりプロとして注目度の高い選手ばかり獲れたのは良かっただろう。

ドラフト評としては

90点

をあげたいと思う。

満点ではないけど。

マイナスはちょっと即戦力になりそうな投手がいない点くらいだろうか。

この先も「矢野ドラフト」が「神ドラフト」となるように願いたいものだ。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
思うがままコラム
スポンサーリンク
シェアしてね!
みずをフォローして下さると嬉しいです!
みずブロ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました