CS制度と日本シリーズの在り方とは?今一度見直すぞ

思うがままコラム
スポンサーリンク
占い師サイトにみずのインタビューが載りました(*´▽`*)

この度占い師としてこちらのサイトのインタビューを自身の占師活動名義の「由那」として受けました!
占い師専門webサイトで記事になりましたので、是非ご覧ください(・ω・)ノ
インタビュー記事はこちら
「インタビューを受けたサイト」
おすすめ電話占い☆鑑定室

由那先生としてのココナラ出品はコチラ

電話占いマディアにも出演中

(出典:ローチケ

「俺はクライマックスシリーズは嫌いだ。黙って巨人を日本シリーズに出せ」

こう発言したのは、現在の河野防衛相だ。

河野氏がTwitterにて「阪神とDeNAどちらが勝つと思いますか?」という、フォロワーからの問い掛けに対して回答した発言である。

だが、NPBと密接な繋がりもあると言われる政界が、簡単にこんな所で野球界に口出ししていいのか、ぼくは疑問だけど。

そういうコトで、今一度初心者サンにも分かるように

「CSと日シリでどこがトクするのか」

「CSと日シリの問題点」

「何かいい代替策はないのだろうか」

というのを考えてみたのでご覧あれ!


スポンサーリンク

クライマックスシリーズと日本シリーズ。現在の問題点

そんなの分かりますよってヒトは沢山いるのだが、ここはファンがトクすることではなく、やる球団がどんだけトクするの?というトコロを知らないヒトも結構いる。

だからそういうところをまず考えてみよう。

CSと日シリ。どう球団はトクするの?

「興行面」のトコロを、知らないヒトも結構いる。

そのトコロを今一度解説しておくコトから始めよう。

まずクライマックスシリーズ。

クライマックスシリーズの場合だと、レギュラーシーズン(ペナントレース)同様、主催するのはホームチームである。

よってファーストステージだと、リーグ2位のチーム。セカンドステージだと、リーグ優勝チームに入場料や飲食物の販売など、多額(億単位と言われる)の収入が主催ホームチームに入るわけである。

ゲームをやればやるほど入る仕組みでもあるわけよね。

そして、日本シリーズの主催というのは、セパどちらのホーム球場でやろうが「NPB」の主催である。

だから、チケット代(入場料)などの大方はNPBがかっさらう。

一部の収益のみが主催チーム、及び選手に分配される仕組みだ。

日本シリーズというのは現場には名誉なことだが、球団運営には全然栄誉ではない。

だってお金が入らないからである。

CSの問題点。反対派と肯定派の果てなき戦い

昨年今年のように、リーグ戦V2を果たした西武ライオンズが二度も日シリを逃すという事が起きると、
改めてCSってなんなんだよ?!
って思ってくるヒトも多くなってくる。

今の制度はどうにかならないのかと。

今年のパリーグは意外と混戦で3位に入るのもシーズン途中までは混戦だったし、首位はソフトバンク独走から西武が鼻差で逆転優勝した。

今の西武にはそれだけの力がある。

だが、CSとは短期決戦故、ぼくが思うに

「(短期決戦は)ほぼ先発で決まる」

そんな感じが拭えない。

だからライオンズみたいな「山賊打線」を売りにして、チーム防御率がいささか悪いと、去年、今年のような結果になってしまうのかも分からないね。

で、冒頭のようなCS不要論が出たり、反対に肯定派がいるので、コレはコレでファンの論争はどこまでも果てしなく続く。

クライマックスステージの改革は望めないのだろうか

(出典:https://www.tokyo-dome.co.jp/)

CSという制度はメリットもあるしデメリットもある。

そこで、デメリットを少しでも少なくすればメリットも増えるので

それを導入すべきである。

セリーグとパリーグが現状まだ断裂気味とは言え、そろそろ改革の時期に来ていると思うので。

まずクライマックスの主催チームの収益問題に必要なコトは

はっきり言って結論としては

「シーズンの試合数を減らせ」

これしかない。もう143試合も要らない。

別の記事でも書いたけれど、昔はこんなに多くもなかったしその上CSすらなかった。

まあ、屋根付き球場が少なかったので、雨天中止がそれなりにあったから、伸び伸び日程になっていたこともあるが。

それでも143試合は、まず選手に酷だ。

クライマックスシリーズの見直しは必要

CSについて、ぼくは基本的に肯定派である。

ただし、条件付き。

アベレージを2勝くらいリーグ1位のチームに与えるとか。

延長戦になったら、お侍試合のようにタイブレイク制度を採用するとか。

これは日シリにも言える。

クライマックスについては、MLBのワイルドカードのように一発制度にしてしまうと1戦勝負になり、意味を成さなくなる。

それでもぼくは

「3戦先勝、最大5試合」

程度にセカンドステージは縮めていいと思う。

逆にもっと見直さないとならないのはファーストステージの方だと思う。

近年、3位に滑り込むチームがCS出場にふさわしいのか、どうなのか議論になることが非常に増えた。

なぜなら借金を抱えたチームがAクラス入りしてそのまま、日シリで日本一になる「下剋上」は面白い反面、「じゃあ今までのリーグ戦はなんだったの」ってファンが思ってしまうからだ。

NPBにあまり得がないクライマックスステージは、廃止になりかねない。

全ての興行の権限は、NPBが握っていると言っても過言じゃない。そして政財界に太いパイプを持っている。

うわさではナベツネとも深い関係にあると言われている。

クライマックスステージで必要なのはファーストステージ改革

そこで改革してもらいたいのは、3位のチームに主催ゲームを与える事と引き換えに、

セカンドステージに行く道のりを厳しくすることだ。

現行の制度だと、2位のチームにアドバンテージはない。

それをセカンドステージ同様にやや長い日程にする。

今はアドバンテージ無しの3試合制、先行2勝だが、これを思い切って

「アドバンテージ1勝を与え先に3勝した方で5試合制」

これ位厳しくしてもらいたい。

その代わり、3位チームにもホームゲームの権限を与える。

5試合制のうち、2試合を3位のチームに与え、3位チームに収益が入る仕組み作り。

そうすれば球団全体が目の色変えてAクラスに入りたがるだろう。

ただ、ファーストステージへの階段を厳しくすれば問題ない。

これらを実現するためには、ペナントレースの試合数を減らす事が、まず絶対条件になる。

だから、交流戦ってどうなのよって意見もある

クライマックスが生まれたことにより、消化試合がなくなって最後まで観客が入るシステムは球団にとって興行面ではおいしい。

ただ日本シリーズやオールスターの価値が下がりつつあるのは、間違いなく交流戦がスタートしてからである。

交流戦の是非も、否定派と肯定派の討論は果てしないよね。

じゃあどうすればいいのか、ぼくが具体案をぶち上げよう!

交流戦を廃止してサッカーのような制度を採り入れる!

ふぁっ?

と思ったヒトは少なくないかも。

現在の交流戦の在り方は梅雨時という事もあって、雨天中止になるとどんどん伸びるために、消化しきれない問題がちょくちょく起きる。

試合数を減らし、なおかつ面白いシステムはないものだろうか?

と考えた末、ぼくが出した提案はコレ。

ようするに、サッカーみたいに天皇杯やナビスコ杯(現ルヴァンカップ)みたいなモノである。

「それって具体的にどうやるの?」

という疑問に答えてみよう。

交流戦の代わりになる大会を開催する

それではどのように「サッカーのような大会」を開催するのか。

その前に、今はセリーグの弱さ、が問題視されている。

「人気のセ、実力のパ」

そんな声が再び上がっている。

特に両リーグの下位チームは社会人やBCリーグと比べてもどうなのか…。という感じもある。

いきなり入れ替え戦を導入するのは不可能だから、

サッカーの大会を真似た(ルヴァンカップとか)を真似た大会を交流戦の時期に作る。

12球団以外に好成績のBCリーグなどの球団も参加可能にする。

そこでサッカーワールドカップのように総当たりリーグ戦を行い、上位3チームがトーナメントで戦う。

こんな制度採り入れたら面白くないかなあ。

と、ぼくは考えたワケ。

勿論、ぼくのアイディアだから、否定するヒトもいると思うけど。

勝つ気がない球団も低迷しているチームに多いから、NPB加盟球団以外にも参加出来るようにする。

現状、垣根は高いがこれぞ実力の世界だと思うので、そうなったらいいなと個人的には思う。


クライマックスシリーズと日シリの問題点・まとめ

これら、CSはじめとする問題は、それこそ抜本的改革をしなければ無理だろう。

しかもNPBという昔ながらの体質の団体であれば、尚更である。

だが今こそ垣根を色々と、取っ払う時期が来ているのではないか?

今回ぼくが提案したことも、とどのつまりそういうコトを言いたいのである。

ちなみにNPBの公式ホームページですが、未だに常時SSL化されてない。

どういう事かというと、今ではもう「https://~」で始まるURLは当たり前なのだが、

NPBはそれがなされてなく「http://~」のまんまなのである。

それはサイトが安全ではないという事を意味するのだ。

ほんとNPBサン、しっかりしてよ…(汗)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

コメント

  1. よっち より:

    交流戦をサッカーみたく、チーム数を増やしてみるのもいいですね?CS問題では、大リーグの様に増やしたらいい~とか、地域別で代表制にしてその中からリーグ優勝決め、日本一を争うというような意見は聞きますがね!先ずは交流戦~というのも斬新かも?    

    それか、交流戦のポストシーズン版で…セパの上位チームでアドバンテージ付きで、ポストシーズン争い~その上位2チームで日本一を決める!というのはどうでしょうか?近年のパ優勢をみたら必ずしもセパでの日本シリーズでは、なくなるかも?ですが…

    それからその為にペナントが短くなり、下位チームの選手やファンは物足りないかもですが(ひいきチームが、CSに出れない年が特に堪えるわけですが)…それは勝負の世界ですので。

    • みずみずえ より:

      よっちさん、
      コメントありがとうございます。
      何もMLBの真似事をしなくてもいいとは思いますが、
      そろそろ古い体質のNPBは本当になんとかして欲しいし
      色んな垣根を取っ払って抜本的な改革の時期に来ていると思います。
      今のトップらがあぐらをかいているうちに、
      やきう人口低下してしまいますからね。

タイトルとURLをコピーしました