オリックス中嶋監督代行・初戦にて白星を挙げる・サチ好調、ジョーンズ3安打!

オリックス2020

こんにちは!みず(Twitter)です!

さて、西村カントク辞任(解任に近いが)の後、緊急登板した中嶋前2軍カントク。

大幅な人事異動も行われ、首脳陣の体制にもメスが入った。

とくにシドニーこと鈴木ブルペンコーチが、育成コーチになるとか腹を抱えてしまう(失礼か?)

これが左遷ってやつですな。

中嶋さんも捕手出身ですから、やはり一緒にというわけにはいかなかったのかなあと推測。

さて、この日の結果

8月6日
オリックス3-1西武

中嶋新体制の初日、おりほー!

それでは本日の試合を振り返ります。

今やエース級の働きであるサチと、終盤の諦めない粘り勝ち

この日のスタメンには、4番に中川と大抜擢。

そして、この日登録されたラオウこと杉本が8番ライト、大城が1番セカンドと即スタメン。

やる気の本気度が伝わってきたね。

ってか、

これが普通のオーダーだよね(・ω・)???

やや外野がファイヤーフォーメンションだけど、ジョーンズよりましと思えば(・ω・)

今やオリックスのエース(?)山崎福也の神ピッチング!

もう、サチ&伏見のバッテリーはオリックスに欠かせないものになってきた。

伏見はチームを明るくしてくれるし、サチに至っては好投をずっと続けている。

防御率も3.29と規定回数到達してないが、お見事なもの。そりゃあそうだよなあ。

サチみたいなタイプには伏見があってるし。

カーブが決まる時のサチは良い証拠ですな!

7回2安打7奪三振1よんたまという見事な投球内容。

勝ちをつけてやりたかったが…。

ジョーンズサマサマ!これで復活ののろしを上げるのか

ジョーンズは違和感があると言ってから、ずっとスタメンを外れ続けていた。ベンチ入りしてても代打で出ることはなかった。

が、今日は久しぶり?のスタメン起用で5番指名打者。ラオウが上がったことで、外野にヒトが廻せたからやっとTがファーストに出来た。

コレ、今季初だよね(・ω・)?←Tのファーストスタメン

本来ならこうあるべきなのだが…。

だがオリックスは、10安打も打っておきながら、得点は久々ホームラン、ジョーンズのソロのみで相変わらず得点が出来ない。

この辺りは一夜にして改善出来ないから、期待するしかない。

それから1-1のまま8回を迎えてヒギンスが表をぴしゃりと抑えた8回裏。

1アウトから福田が西武の先発・ニールからヒット、

続く正尚のヒットで1,2塁としてピッチャーが交代となるも

4番中川がよんたま、満塁となってまたしてもジョーンズ。

ここのところ今日は久々のホームランを打ってくれたものの、

得点圏で打っていなかったジョーンズが、貴重なタイムリーヒットで2点追加でようやく勝ち越し。

最後はおだゆのファインプレーもあり、

ディクソンが締めて中嶋カントクは無事船出を果たした。

でも、勝負はこれから。中嶋カントクの談話にもあったように

「やるしかない」

のである。

中嶋カントクの成績次第で田口コーチの進退が決まるのか

これまでずっと西村さんの後継者は田口野手総合コーチ(この肩書もよく分からんが)と言われていた。

しかし二軍で中嶋さんの実績を買われての緊急登板だったんだろう。

中嶋さんは、阪急の選手というよりもどちらかと言えば、おハムの選手だったというイメージがやきうファンの間では強い。

これも福良人脈のなせる業だろうが。(福良も日ハム在籍時あり)だから、こやのんも戻ってきてるわけだから。

シドニーこと鈴木コーチの事実上の更迭は何を意味するのか

しかしだ。球団はあのシドニーこと鈴木コーチを、見事に一軍バッテリーコーチから育成コーチへと、事実上更迭された。

ハッキリ言ってシドニーなんぞ好きなオリックスファンはいなかっただろう。

ここまで嫌われるコーチも珍しいなw

まあ、中嶋さんと同じ捕手出身だから、意見の食い違いも出てくるからというのもあるだろう。

ホントにこのシドニーの更迭は、球団の本気度なのだろうか。

嫌でもあのバッテリーコーチというポジションに、収まってないと気が済まなかったような彼が、

あっさりと育成コーチである。

それもヒラの育成コーチである。

彼にしてみたら、屈辱感あるだろうねえ。

まあ、仕方ないんだけど。w

田口コーチの影が薄くなるかは中嶋&竜太郎体制にかかっている

中嶋カントクは、西村さんと違ってよくコーチと話しているのを見かける。

コーチだけではなくて選手にもよく話しかけて、コミュニケーションを重視しているようにも思える。

その中で昨日の試合に終始横にいたのは、同じく昇格した辻竜太郎外野打撃コーチだ。

ホントにチームの雰囲気を明るくするようなノリノリの監督で、試合に勝ったとたんガッツポーズをして、中嶋カントクとグータッチをしていた。

そのムードがベンチに浸透していったら、田口の居場所ってあるんだろうか?

ぼくは中嶋さんも田口さんへの繋ぎだとは思ってるんだけど、

これは成績次第になりそうだ。

果たしてオリックスの将来はどう動いていくのか、少しは楽しみが持てたかな。

オリックス中嶋カントク初陣初勝利・まとめ

例え中嶋さんが繋ぎの監督だろうがそうでなかろうが、下の育成はきちんとして欲しいし、

ムードを良くするやきうをしてほしいと思う。

そのことによって、何かが良い方向に変わるなら、ぼくはそれでいいから。

前回も書いたように、少しでも勝ちを増やしてファンが喜べればそれでいいし、

明るく伸び伸びとしたやきうをやって欲しいものです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました