【対ソフバン戦】田嶋も由伸も打たれた僅差負け…チームは3連敗【オリックス】

オリックス2020

(出典:https://sportsbull.jp/p/788252/)

こんにちは。みず(Twitter)です。

さて、週末の対ソフトバンクは

7月17日オリックス1-7ソフトバンク

7月18日オリックス1-2ソフトバンク

7月19日オリックス3-4ソフトバンク

勝てない…(´・ω・`)

金曜の投手陣自滅はまだしも、土日は打線の援護がなかったのが辛かった。

この3連戦を振り返ってみたいと思う。

【オリックス】力の差をまざまざと見せつけられた試合。

それにしても、金曜の試合はオリックス投手陣はいただけなかった。

計5人で8つもよんたまを出していたら話にならない。

特に榊原、荒西、Kである。この3人には猛省をして貰い、修正をして貰いたい。

小林が一軍登録されたコトによって、もう下から上げる投手はいないと言ってもいい。

先発もまた、竹安と超が戻ってくるのには時間がかかる。

打撃も6試合で計11点といいところがなく、2週間のロードに向けて厳しい戦いが続くが奮起して欲しいもらいたいもんだね。

田嶋・由伸でも抑えられなかったソフバン上位打線

(出典:https://mdpr.jp/)

土日の田嶋、由伸に関しては悪くはなかったし、特に田嶋は成長のあとが大きくうかがえたと思う。

またソフバンの石川投手との投げ合いは素晴らしかったと思う。

ここで明暗を分けたのがやはり主砲の活躍である。

唯一オリックスが勝った試合が主砲の活躍で決まったように。

やっぱりギータはスゴイ…(・ω・)

それから、この6連戦通してソフバンで調子が良かったのはギータだけではなくて、

上林、中村、甲斐といったところだろう。

これからも彼らに当たる時も充分気を付けたいところだ。

ギータやバレばかり抑えても、こういう投手陣の詰めの甘さが出た6連戦ではなかっただろうか。

それでも田嶋と由伸はよく頑張った。また次回、自信を持って自分に自信のある球を投げて行ってほしい。

二人とも援護が無かったからね…(´・ω・`)

【オリックス】打撃も沈黙…。僅差負けでも打てなさすぎる

金曜は東浜がアクシデントで降板したとはいえ、二番手の笠谷にプロ入り初プレゼントを献上してしまう羽目になった。

もちろんソフトバンクの救援陣は若い投手がどんどん出てくるので羨ましい限りだが…。

全体的に打線の勢いが少し止まりつつあるような気がするが、一発を狙うのではなくとにかくつなぐ野球をして貰いたい。

一軍昇格でプロ入り初ホームランを打った太田くんは、土曜日でもホームランを打っておりこれからが期待大だね。

西浦にもようやく1本が出たので、本当にあと繋ぐ意識と得点力にかかっているかと思う。

【オリックス】ソフトバンクとのチーム力に圧倒的な差があること

金曜日の試合は前術の通り、ソフバン先発の東浜がアクシデントで降板するも、味方投手陣の自滅が大きく響いた試合だった。

土曜日の田嶋や日曜の由伸はイニングは食えたし、土曜の7回、松田の打球は西浦でなければ追いついていなかっただろう。

日曜の由伸も悪くはなかったものの、不用意な一球が明暗を分けた試合になってしまった。

【オリックス】自滅しても、好投してても負けてしまう…。

まず金曜の試合に、相変わらず中継ぎ陣の不甲斐なさが出てしまっている感がする。

当然先発の榊原が四球連発だったのは良くないのだが、問題はそのあとの救援陣だろう。

荒西は一回抹消されてから何故か調子を落としたように見えるのだが、どうなんだろうか?

この3日間で、まあ及第点をあげられるのは綱紀と増井さんとヒギンスくらいなもので、勝ちパ以外の継投はボロボロと言っていい。

ヒギンスにしろ、今週珍しく?二度しか登板のなかったノブにしろまともな救援陣がいないのである。

ここにソフバンとの戦力の違いがヒシヒシと感じられる…。

もちろん、打者もなのですが。

気になるのはTが単なる休養だったらいいのだが、西村監督がお茶を濁したような言い方(色々ありますみたいな)をしているので、まさかとは思うが、そのまさかが起きたら本当にオリックスが終わってしまう。

それはジョーンズがここのところ、いまいち調子を落としているように見えるからでもある。

それは正尚も同じで、中軸がチャンスに打てないようでは点が取れないのは当然のような気がする。

特に。Tが休まないとならないといけない時は、必然的にジョーンズが外野守備をしないといけなくなるので不安しかないから、困ってしまう。

何ともなければいいのだが…。

【オリックス】来週の楽天戦に向けて・とにかく救援陣

山岡がいつ復帰するか分からない中で、前半の3人はあまりイニングが食えない(先生、鈴木優、サチ)。なので、やはり中盤以降がどれだけカギになってくるかだろう。

ソフバンの救援陣にばかり目が行きがちだが、楽天のリリーフもいい投手が揃っているので、開幕を除いた6連戦でどのような戦い方をするかによって勝敗が決まってくるだろう。

一軍昇格してから好投した吉田凌や、昇格してからまだ1度も投げていない小林などに注目してみたいと思う。先発がしっかりしなくてはいけないコトはもちろんだが、ソフバン戦で救援陣の乱れからゲームを落としたコトを考えると、勝負の分かれ目はやはりココが一番の問題だと思っている。

あとは打つ方もしっかりしてくれたらいいが、そもそも打線は水物なのでまだ復調するかもわからないし、見守るしかないかなと思う。

とにかく怪我が一番怖い(もうけが人を出したくない)ので、そこだけ気をつけてくれたらいいかなあ…(´・ω・`)

【対ソフバン戦】6連戦総括・楽天戦での展望まとめ【オリックス】

やはり今年も、ソフバンさんには力の差を見せつけられてるように思うなあ。

それは層の違いであったり、こまかい守備や走塁であったりと…。それと勿論向こうにもミスはあるけれども、それで相手に絶対流れを引き渡さないという意気込みが違うんだろう。

今、こういうチームと戦えるのはとても貴重なコト。こんな底力のあるチームに勝ち越すのは大変だと思う。

まずはオリックスというチームに、ソフトバンクというチームはどんなチームなのか、そこから見習って吸収して欲しいとも感じている。

今週からは敵地で楽天戦。今一番勢いに乗っているチームなだけに試練はまだまだ続くが、来週の札幌日ハム戦と合わせて勝ち越しして、また大阪に帰ってきて欲しい。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました