令和初ドラフト会議終了!指名全選手紹介するよ【オリックス】

オリックス2019

(出典:https://news.livedoor.com/)

思えば、現在のプロ野球選手の殆どが、秋の大イベント「ドラフト選択会議」を経てプロの門をくぐる。

そこで情報収集をするのに余念がないけれど、蓋を開けてみると意外な選手が指名されたり、指名されなかったりというのは毎年起こる。

令和初のドラフト会議。

今年もそうだった感じ。

オリックスなんて育成8人も獲ったから、ぼくはデータを漁るのにとても苦労している

(育成指名選手ほど、データがないからなのだ)。

とりあえずこのドラフト会議で、一番個人的にウケたのは、

中日の与田監督が「黄金の与田ハンド」で引き当てた石川くん(東邦)へのメッセージで

「すぐに逢いにいきます💛」

と言ったコト(恋人みたい…)。

では、オリックスファンお待ちかねの

2019ドラフト指名された5人を徹底紹介しちゃうよ!

オリックスのドラフト戦前予想とその結果は…

正直、オリックスはクジ運ないとかそれ以前に、

「ひとりの選手をずっと見るとかしないのかな」

っていうのがぼく個人の疑問。

それを一番やっているのは広島で、今回も大学No1の森下くんをあっさり一本釣りしてしまった。

広島は育成に定評のある球団としてセリーグとしては一番だと思ってるが。

今年も奥川くんに行くのか、佐々木くんに行くって言いながら

結局1位指名は石川くんだった。

「与田ハンドには勝てまい」

と思っていたので、最初から外れ1位の方に期待していたけど

ここでも河野くん(JFE西日本)で日ハムと競合し敗れる。

同じく2回クジを外した読売と競合したらもう終わりだ…と覚悟していたけど、それはなかったからやっと一安心。

ある意味、意外だったオリックスのドラフト戦略

結局オリックスはドラフト指名で5人と、12球団で一番早く選択を終えた。

逆に育成指名を8人も獲り、12球団で一番遅く選択が長引いた。

それとドラフトで捕手を獲るのではと、ファンやマスコミは確信していたが、結局は育成で高卒捕手を一人獲るだけに終わった。

育成を8人も獲ったから

「3軍でも作るつもりなのか」

と言っていたヒトがいたけど、オリックスって12球団の中でも選手の数は案外少ないから、ぼくはいいんじゃないのかって思っている。

選手が増える事で、ソフバンみたいに一軍目指してやるぞ!ってやる気が、一番オリックスには足りない。

仲いいのはいいんだけど。

数がわちゃわちゃするのはいいが、態度までわちゃわちゃしなくていい。

なぜ捕手をドラフトで獲らなかったのか?とバランスの問題。

ぼくは5位の段階で、勝俣くん(国際武道大)を獲った時点で

「これは頓宮を本格的に捕手として育て、若月と競争させるのか」

という確信を得た。

そもそも、「高卒を獲ると稲富、フェリペと被る、大卒を獲ると頓宮、若月と被る」

と考えると捕手というポジション自体それほど必要とされないだけあって、敢えて獲らなかったのかなと思う。

折角ぼくのブログに来てくれたヒトには、上の選手年齢層分布表を見て欲しい。

こうなると結果的にぼくは石川くんが必要だったかよく分からない。

今回ドラフト指名された選手をこの表に当てはめてみると、意外と少ないところに上手く補強出来てくる。

どうしても欲しいのは先発型も行ける高卒投手に、大卒の内野手である。

これをカバーできたから、ぼくは良しとしたい。

オリックスドラフト指名5人を一人ずつ紹介する巻

さて本題。

今回オリックスは5人、ドラフト指名で獲ったわけだが、内訳としては

高卒投手2人

大卒投手1人

高卒内野手1人

大卒外野手1人

まぁまぁバランスが良い。ひとりひとりのポテンシャルもそこそこ高い。

数年前まで社会人ばっかり取ってた時代とは違うので、オリックスもそれなりにドラフトは頑張ってきてるな、というのがぼくの印象。

1位 宮城大弥(興南高)

興南高と言えば大城の後輩に当たる。また、オリックスには沖縄出身の選手も多いから、すぐ馴染めるのではないかと思っている宮城くん。

小柄だが、身体つきはしっかり出来ている印象。また育ってきた境遇もあり、ハングリー精神もありそう。

宮城くん本人がこの動画で語っているように、一軍目指す以外にファンに夢を与えられるようになりたいと言ってくれてるあたり、嬉しいじゃないか。

オリックスの高卒で家庭内貧困を乗り越えて成長した選手といえば、榊原なんかそうだ。

是非彼あたりに 可愛がって貰えたらいい。

投球そのものはコントロールにちょっと難があるので、そこをどうにかしたいところ。

とにかく左は痒い所だったので、外れ外れでも宮城くんが獲れたのは大きいだろう。

2位 紅林弘太郎(駿河綜合高)

2位指名は駿河総合高の紅林くんだった。

何より強肩、足もそこそこ、そして何より守備力も良し、長打力もある選手。

どれも平均よりはるかにいいのだから収穫だ。

打席に入る時の目つきなんか見たら、ギラギラしてて格好いい。

練習も好きそうな感じである。

線がまだまだプロとしては細いので、ウエイトトレを沢山したらいいだろう。

ただ遊撃で使うとなると現在の廣澤、岡崎をどうするのか?という疑問もあるのだが、

もうオリックスはどこでも守らせるので、そのうち外野もさせそうな選手である

(そういや去年先輩の大城も外野やらされてたねえ)。

3位 村西良太(近畿大)

3位で指名されたのが村西くん(近畿大)。

実はドラフト指名の中で、申し訳ないが一番地雷臭がするのが彼である。

サイドスロー気味なのだが、シンカーがないのはきつい。

その分打者の内角に食い込むようなストレートや、SFF、スライダーなどいいものは持っている。

ただ問題はコントロールだ。あまりにバラついてしまっている。

大卒投手は、来シーズン即使われる可能性も十分あるだろう。

劇場型にならぬのを祈りつつ、将来の抑え候補にしたいところ。

4位 前佑囲斗(津田学園)

実は高卒指名の中で、「この子は末恐ろしいぞ」と思ったのが前くんだ。

データを見ると奪三振だけではない。四球率が恐ろしく低いからコントロールがいい。

高卒で、このデータはあまり見かけないからビックリした。

背も高く、変化球も多彩である。スピードこそないが、動画を見ると案外手元で伸びたりコースがいいとこに行く。

これで打者を翻弄してるのだなと分かる。

難があるとすると投げたあとのフォームかな…。フィールディンクがどうか、といった感じだろう。

だが、この子は育て方次第で案外早く成長し、そしてとんでもなく由伸くらいに化けそうな魅力をそなえている。

ぼくはそう信じる。

5位 勝俣翔貴(国際武道大)

一番ぼく個人的に「よっしゃぁ!」と叫んでしまったのが勝俣くん(国際武道大)。

先の記事でも紹介しているので、そちらもご参考に。

リトルシニアから東海大菅生で清宮あたりと渡り合ったり、野球エリートを地で行く勝俣くん。

オリックスでは国際武道大出身もお馴染みなので、プロに入っても十分馴染んでくれそう。

長打力と出塁力の高さという、オリックスとしてはこういう選手は喉から手が出る位欲しいはず。

西村さんからみたら、スピード感は重視してるんだなあという感じもする。

是非正尚に続いて欲しい、彼位のポテンシャルを持って大きく育って欲しいと願う選手だ。

今のところ三塁手ということで、もしかしたら即戦力としての期待も持てる選手である。

2019ドラフト指名まとめ【オリックス】

ドラフトというとみんな1位に目が行きがちだ。

だが1位だけ育つのがドラフトじゃ面白くないし、そうじゃないところが面白いところではないのか。

昨年のオリックスのドラフトで一番活躍した選手ってダレ?

ドラフト7位の中川じゃないか。

それを考えたらはっきり言って順位なぞ関係ない。

中日なんか昨年根尾を獲ったけど、桐蔭出身の3人の中で一番苦労している。

大切なのはプロに入ってから、野球を仕事にするという事の心構えひとつである。

のし上がりたいなら、練習して、練習して、成り上がり精神を忘れるな。

そうぼくは思う。

実際ぼくだって今いる世界で、それだけを目指しているから。

で、ドラフトの採点だが…。

80点。

マイナス20は即戦力期待大の注目選手が獲れなかったコト。

後は見事に狙いたいパズルにはまったし、一人一人ポテンシャルも申し分ないからいいだろう。

育成は次回書くよ。

とりあえず

ようこそ貧弱地味地味オリックスへ(笑)

君たちでオリックスを変えてくれ!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました