【13奪三振圧巻投球】由伸完投勝利!守り勝ちで最下位脱出【オリックス】

オリックス2020

(出典:https://news.yahoo.co.jp/)

こんにちは。みず(Twitter)です。

7月12日対日ハム戦

オリックス2-1日ハム

由伸が13奪三振、完投勝利は一番乗り。

野手陣は今季初スタメンの山足のタイムリー、続く安達のタイムリー。

更にあだっちゃんの素晴らしい好プレー連発でまさに守り勝ち。

由伸の奪三振プレー動画なども合わせて、この日の試合を振り返ってみよう。

【オリックス】対ソフトバンク戦に向けての展望

まずはこの日、由伸が今季ベストピッチングとも言える登板をしたことによって、最下位脱出というだけではなく勢いがついたのは間違いない。

いよいよ火曜日からは昨季苦手としていたソフトバンク戦が始まるが、正直ここまでパリーグは各球団の潰しあいが続き、現段階ではどこのチームにでも戦い方次第でチャンスがあると言っていい。

それは勿論オリックスもそうである。

どんなに最低でもカード負け越しはしたくないし、ソフバンに対しての結果である程度オリックスの評価が決まると言っていい。

この日の試合を振り返りながら、ソフバン戦の予想先発も考えて考察してみよう。

【オリックス】由伸13奪三振。パリーグ一番乗りの完投勝利!

何と言っても球界の国宝、神童由伸のベストピッチング。

6回途中までは完全試合というあわやの期待を持たせるほと、この日の試合は1失点こそしたものの、その後の修正力は流石である。

ちなみに昨年日曜日、オリックスは2勝しかしていないのだが、由伸効果か?
早くもそれを上回ってしまったw

この調子でいってもらいたいものである。勿論由伸以外の選手もだけどね。

打つ方は伏兵が活躍!山足、安達のタイムリー!

1回のチャンスと、8回の満塁の大チャンスで点が取れなかったコトは今後の課題だけど、それでも少ないチャンスをものにして、この日は下位打線がよく働いてくれた。

ここ数日は下位打線が好調なところがあるが、それはとても重要だと思う。

打たなくてはならない主力選手も打たないときがある。そんな時に下位打線が打ってくれるのは非常にありがたいことである。

また、安達の再三にわたる好守でチームの雰囲気を盛り立てていいムードだったのではないだろうか。

しかし安達は難病があるから多くの試合には出場出来ない。

本当にそういう意味では神様はなんていじわるなんだ・・・(´・ω・`)

【オリックス】ソフバン戦。細かいミスを無くしていくコト

上の引用したTwitterでも分かるように、今年のソフバンの先発陣はイマイチパッとしない。

先発予想は恐らくこの通りになるだろう。

まず初戦、復帰する千賀を何としても攻略したい。

救援防御率はオリックスが4.44(リーグ5位)に対しソフバンが3.27(リーグ3位)なので、やはり先発陣から早い段階でいかに得点するかにかかっているだろう。

投手陣はソフバンのホームラン数がここまで26本と、決して既に8本打っているギータだけではない。

とにかくランナーを貯めて一発を浴びないコトが要点のひとつだろう。

守りとしては今日のように、投手を盛り立てる守備で流れを掴みたい。

ミスをしないかどうかで、ソフバン戦の勝敗を左右する。落ち着いたプレーをして貰いたい。

やはり出来たら4勝2敗以上、悪くても負け越しだけはしたくない一週間ですな。

【オリックス】抜擢された選手が結果を出すコトでの影響は?

この日は前日の2失策という勝つには勝ったが、ロドリゲスの落球はじめちらほら目立ったミスもなく、逆に安達の好守などにより、引き締まった気持ちの良い試合だった。

こういう試合をもぎ取ればオリックスは強くなれる。

それを体現してくれた試合内容ではなかっただろうか。

試合で結果を出してからが真価を問われる

この日初スタメンだった山足は、前日代打で結果を残したからなのだろうが、初スタメンできっちり結果を残した。

山足はここのところ、居残りで練習を重ねていた姿が由伸のInstagramで紹介されており、彼なりの努力の成果が出たコトが伺える。

ジョーンズが実際のゲーム以外でもたらした影響もあるが、そもそもオリックスは他球団より圧倒的に基本の練習量が少ない。

だから磨く技術も、試合で魅せるコトも、まだまだ出来ていない。

それが出来るオリックスの選手はほんの一部だが、そういう選手は大抵認められる。

キャリアが少ない選手(高卒入団で間もないなど)が多い中で、少しでも先をいく選手というのは上を行かなければならないのにそれが出来ていないのが現状だ。

そこで変わらなければいけない選手のひとりが山足だと思う。

廣澤がスタメンで起用されるよりも、歳も上で、ショートやサードをある程度守りこなせるならば、彼は立ち位置も上でなければならない選手だ。

ここで覚醒と言われてはいるものの、この状態を維持出来れば叩かれるコトだってないし、チームにも良い刺激を与える。

結果を出して満足ではいけない。

プロとして向上心を持って、更にいい結果を積み重ねていくコトが今後の山足の課題だろう。

 

【13奪三振】由伸完投!対ソフトバンク戦にむけて・まとめ

オリックスも先発ローテ陣が自分のピッチングをすること、そして救援陣がゼロ継投でいってくれれば、対日ハムの時のように勝ちが拾える。

だが相手はソフトバンクなので、チームが不調と言ってもそれを浮上させるのではなく、それだからこそ互角以上に戦うコトだ。

練習試合には勝ち越しているので、いいイメージを持って臨んで貰いたい。

後は打撃陣に少し繋がりがまた欠けてきているので、その辺りをどのあたり修正出来るか。

楽しみな一週間となりそうだね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました