【データ】プロ野球中継・チーム別!TV・ネット視聴まとめ

エンジョイ野球

全国テレビネットから野球中継が消えた今。そしてインターネットの発達によって、贔屓のチームの中継がどこでやっているかは非常に気になるところ。

今はBSかCS、ネットでもDAZNの登場などで配信するサイトも選べるようになってきている。しかしとりあえず、どこでどのチームの中継をやっているか?はチェックしといた方がいいよねって事で、今回は2019年シーズンの場合だが、各チーム別の試合中継・配信はどこ?をまとめてみた。

試合主催チームによって様々な形態がある

昔は家に帰れば巨人戦が放映されていて、筆者も小さい頃から帰宅して夕ご飯を食べたら野球を見るというような生活で育ってきた。

今となってはそれもないが、セ・リーグの場合はたいていCSかBSのどこかでやっている。地方によっては地上波で中継している場合もあるので、それも出来る限り調査してみた。

なおCSなら、スカパー!かひかりTV、またはケーブルテレビ局での配信となるが、チャンネルによっては一部オプションとなっている場合も多い。

ネット配信はほぼ月額料金がかかる。それぞれに無料期間などの設定もあるので公式サイトなどで調べてみよう。

読売ジャイアンツ

BS1の中では最も巨人戦が多いような気がするが、東京ドーム主催の試合は日テレG+で、ほぼ全試合完全中継している。また、ネット配信ならDAZNでも視聴可能。

さらに、公式FC会員だとお得になるジャイアンツLIVEストリームでは巨人主催ゲームを完全中継。

また、映画やその他の番組も楽しめるhuluでも、巨人主催ゲームをほぼ網羅して放送されるようになった。

横浜DeNAベイスターズ

2018年までは、 無料のAbemaTVで放映されていた(余計な話になるが筆者はabemaの横浜戦中継で何度も観客として抜かれていたらしい…)が、2019年から放送はされていない。

CSであれば横浜主催試合の場合、TBSチャンネル2でほぼ完全中継されている。

また時々だが地上波ローカル局であるテレビ神奈川で放映されていることもある。

ネットであればDAZNで放映されている他、ニコニコ生中継でも主催ゲームが観れる。ニコニコ生中継の場合無料でも視聴は出来るが、有料会員優先のため、中継から追い出されることが多い。

阪神タイガース

関西圏であれば、阪神の試合中継はほぼどこかの地上波で途中までであるが放映されているのが特徴。

また、CSであればスカイAかGAORAのどちらかで放映されている。その日によってこれはまちまち。

その他、ネットだとDAZNで中継している他にも、阪神のオフィシャルFC会員になるとお得に見れる「虎テレ」でも試合を放映している。

広島カープ

実は一番中継に難があるのが広島カープの主催試合。BS1で度々中継はあるものの、CSだとJ sports1で放映されている。

しかし、J sportsはCS加入の方法によってはオプション料金がかかることが殆ど。しかも、ひかりTVの場合はJ sportsで中継があっても放映権の都合上観れないので注意が必要である。

中国地方圏のローカルテレビ局は、広島主催試合の場合ほぼ放映している。

ネット中継ではJ sportsのオンデマンドのみ広島の主催ゲーむを完全中継している。

その他、広島カープ公式アプリの「カーチカチ!」、1試合ごとに料金が発生する仕組みのカープ動画LIVEでは、試合数は少ないものの、広島主催試合を視聴出来る。

中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズも地上波の東海圏ローカル局で、主催試合は時間が限られているが放映している。また特に対巨人、広島戦だと時たまBS1での中継もある。

CSではJ sportsの2か3で試合を完全中継。ネット配信ではDAZNで主催試合が視聴可能となっている。

また、Ustreamではウエスタンリーグの中日主催ゲームを生中継で見ることが出来る。

ヤクルトスワローズ

ヤクルトスワローズの試合はCSのフジテレビONEで、主催試合を完全中継している。

その他、ネットではフジテレビの総合ネット配信サービスである、FODプレミアムで主催試合のほぼ全てが視聴可能。

セ・リーグとパ・リーグのそれぞれの特徴

セ・リーグとパ・リーグの中継で違いが出るのがネット配信。特に、セ・リーグは独自のネット配信でそれぞれのチームの主催試合に特徴があるのが大きい。また、地域によってはローカル局での地上波放映を行っている球団が多いといえる。

逆にパ・リーグは独自の路線があり、地上波こそ少ないもののネットでの配信が充実している。

数年前からパ・リーグTVではパ・リーグの公式戦全試合が視聴可能だったのに加えて、近年Rakuten パ・リーグspecialもパ・リーグ公式戦主催ゲームの中継に参入している。

他にはYahoo!プレミアム会員のみであるが「パ・リーグLIVE」で全試合完全生中継で配信している。

他にはフジテレビONEオンデマンド、スカパー!オンデマンドなど。

西武ライオンズ

西武ライオンズの試合中継は地元ローカル地上波のテレビ埼玉で度々中継がされているが、全部の主催試合ではない。

無料BSの「BS トゥエルビ」では、西武主催の試合中継が全試合視聴出来る。またCSではフジテレビTWOで主催全試合を完全生中継している。

ネットではDAZNの他、パ・リーグTV、Rakuten パ・リーグspecial、Yahoo!プレミアム会員限定のパ・リーグLIVEで視聴可能。

福岡ソフトバンクホークス

福岡県内をカバーしている地上波ではほぼソフトバンク主催のゲームが時間は限られているが放映されている。

CSではFOXスポーツ&エンターテイメントで主催試合が全て、完全生中継で視聴可能となっている。

ネット配信では、DAZN、パ・リーグTV、パ・リーグLIVE、Rakuten パ・リーグspecialでそれぞれ視聴可能。

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天の試合は、仙台市を本拠地とする宮城県のローカル局で地上波放送がある。放送時間に制限はあるが、ほぼ本拠地の試合を放送している。

また無料BSトゥエルビでも、楽天主催のゲームを完全中継している。

CSで見る場合はJ sportsになる。また、無料BS放送であるBSトゥエルビでも楽天主催のゲームを完全生中継している。

ネット配信は、DAZNをはじめパ・リーグTV、Rakuten パ・リーグspecial、Yahoo!プレミアム会員限定のパ・リーグLIVEでそれぞれ配信している。

また、楽天公式アプリの「Ar Eagles」では無料で楽天宮城パークの試合を完全放送している。

なお、2019年からニコニコ生放送が楽天主催試合から撤退した。

千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテの試合は、地上波で地元ローカル局である千葉テレビが主催試合を放送している事が多い。

CSでは、日テレNEWS24で主催試合を放送している。無料BSのBSトゥエルビでも同じくZOZOマリンスタジアムのほぼ全てを完全放映している。

ネット配信はパ・リーグを専門とする動画サイトで配信されている。DAZN、パ・リーグTV、Rakuten パ・リーグspecialで千葉ロッテ主催ゲームをそれぞれ視聴出来る。またYahoo!プレミアム会員限定のパ・リーグLIVEでも主催試合が完全中継されている。

北海道日本ハムファイターズ

北海道の地上波各局では日ハム主催ゲームを放映している場合が多い。時間に限りがあるものの、北海道に住んでいる人には身近なものと言える。

その他、CSではGAORAで日ハム主催公式戦を全試合生中継している。

ネットではDAZN、パ・リーグTVをはじめ、Rakuten パ・リーグspecial、Yahoo!プレミアム会員限定のパ・リーグLIVEでそれぞれ、日ハムの主催試合を完全生中継で視聴することができる。

また、GAORA sports LIVE&オンデマンドでも、ネット配信と同様の日ハム主催ゲームの完全中継を視聴が可能となっている。

オリックスバファローズ

オリックス主催ゲームの地上波放送は残念ながら殆どないのが現状。

CSではJ sports3でオリックス主催の試合を完全生中継している。

ネット配信では、パの他球団と同じくDAZN、パ・リーグTV、Rakuten パ・リーグspecialの他、Yahoo!プレミアム会員限定のパ・リーグLIVEでそれぞれ視聴が可能となっている。

観たいチャンネルを上手く組み合わせて安く視聴しよう

基本的には有料のものが多いことがお分かり頂けると思う。

観たい贔屓球団の試合を全部視聴したいということであれば、その中でチャンネルを組み合わせてお得に見ることをおすすめしたい。

例えばテレビならスカパーの野球パック、ひかりTVであればお勧めプランに必要に応じてオプションでJ sportsを追加、といった形をとるのもひとつの方法である。

2019年10月から消費税が変わるため、来年2020年の放映予定が決定次第このページで料金体系も含めて、再度お伝えするつもり。

まとめ

こうしてみると、ネット配信が以前はスポナビとパ・リーグTVだけだったのに比べたら、随分選択肢が増えたなという印象を受ける。

ただし気をつけておきたい点もいくつかあるので明記しておきたい。

・ひかりTVでは広島主催のゲームが放送されない

・DAZNの場合、ヤクルト戦と広島戦は放送していない

・CS放送を契約する際は、J sportsは別オプションとなっている場合が多い

・ソフトバンク光を自宅に導入している場合はYahoo!プレミアム会員になれるため、パ・リーグ好きならパ・リーグLIVEがおすすめである(ネット配信の場合)

・ネット配信は実況速度がかなり遅れる

以上のことを踏まえて、あなたに合った視聴方法を是非組み合わせてプロ野球観戦を楽しんでいただきたいと思う。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました