札幌の地で打った打った!問題残るも、中継ぎが抑えて勝つ【オリックス】

オリックス2020

(引用:https://www.sponichi.co.jp)

こんにちは、みず(Twitter)です(・ω・)

札幌で日ハムに打たれまくって3連敗…。

嫌なムードで迎えた金曜日。

7月31日
オリックス7-2日ハム

榊原がよんたまに苦しんで4イニングで降板も、

斎藤綱紀が嬉しいプロ初勝利でヒーインも初々しかったなあw

7回に有原を攻略、先発をやっと打ち崩したオリックス打線

さて、ココまでの公示でこの前一軍に昇格したばかりの中川が、登録にヒト枠開いてながらも舞洲行き(降格というコト)。

先日のデットボールによるロドリゲスの左手首負傷(病院で診断の結果は左前腕部打撲)で、代わりの外国人枠でモヤが昇格。

そして開幕から亀裂骨折で戦列を離れていた福田が帰ってきた。

ぼくはヒト枠残して中川を降格させたのは、誰かしらを二軍から上げる予定があるからだと思う。

今東明が上がってるトコロ見ると投手ではなさそう。野手の誰かだと思う。

まあ、中川を降格させたのを叩くより、二軍から上がってくる(と思われる)ヒトに期待しようじゃないですかね(・ω・)?

有原に粘り投げさせた大城。ビックイニングを生んだバッティング。

中継ぎが打たれたり、先発が打たれたりとこれまでの3戦は、完全におハムに流れを掴まれたままのオリックス。今日の榊原もよんたま7つとよく失点2で持ったな、というカンジだった。

けど、今日は打線がジリジリと投手陣を早い回から援護してくれた。

反撃ののろしをあげたのは今日昇格した二人。4回に福田ツーベースの後、ツーアウトからモヤがファースト強襲のタイムリー!

続く5回、若月のホームランが飛び出してコレで同点とした。

さらに7回、宗、若月連続ヒットの後安達、西浦連続タイムリーで下位打線が逆転。

打順が一番に返って大城の打席だったが、サードライナーで凡退するも、よくファウルで粘るバッティングを見せてくれた。

コレで有原はマウンドを降りるコトになった。ここのトコロ、オリックスはなかなか相手先発から点を取ることが出来なかったが、ここにきてようやくそれが出来たという試合だった。

インコースに課題のあった福田が技ありで成長の予兆か。

それから福田、正尚、ジョーンズと上位打線にもタイムリーが出てこの回一挙5点を挙げ逆転したオリックス。

やはりお膳立て出来たのは福田だと思う。

亀裂骨折から復活、この日昇格して即スタメンの福田だったが

やっぱりオリックスには福田が必要だ(・ω・)

そんな試合に見えたヒトも多かったのではないだろうか。

その福田だが、以前はインコース打ちがあまり得意ではなかった。だがこの日は、内角の球を思い切り引っ張る良いバッティングを魅せてくれた。

福田がこういうバッティングが出来るようになってくると、一番に大城を置いた場合小技も効く福田を、二番に固定出来る計算も高くなるんじゃないだろうか。

何より、やはり福田ほど上位打線が似合うバッターはオリックスにはいないと思ってるので。

ゼロ継投で地元の綱紀が嬉しいプロ初勝利。先発問題は如何に?

この日は制球難だった榊原が4回90球でマウンドを降りてしまったが、その後の中継ぎ陣が頑張ってくれた。

まずは吉田凌だ。

ここまで試合を左右する場面で使われるコトはなかったけど、そういう試合でも気を緩めずに好投したコトで、こういう場面での抜擢に繋がったのだろう。

ここで同点となった5回裏をキッチリ抑えて齋藤にリレー。

最近の綱紀も、大事な場面を任される左腕になっている。

そうなったのも一軍に上がってからしっかり結果を残してきたからだろう。

左だと海田さんがいない分ノブへの負担が増すとこなのだが、今のところ綱紀は見事それをカバーする投球が出来ている。

何より打たせて良し、三振も取れるというピッチングが出来るのは、中継ぎとして頼もしいよね。

好投している吉田凌と共に、コレからもこういう大事な場面での登板が増えそうだ。

何がともあれ、綱紀にとって出身地である札幌でプロ6年目、嬉しい初勝利となった。

本人もやっと結果が出てホッとしてるんじゃないかな。

これからも頼みますよ!

オリックスは先日の鈴木優といい、若いけどなかなか結果に結びつかなかった投手たちが、少しずつではあるけど成長してきてる。

まだまだ下にも、頑張ればチャンスを貰える投手もいるから、彼らに続いて欲しいなと思ってます。

山岡復帰間近で先発ローテーションに変化か?

さて、先にチームにとって痛い戦線離脱となっていた山岡の復帰が近い。

一度、下での登板を挟んで早ければ、次週のロッテ戦から復帰するのではないか?と言われている。

まず今のおハム戦は日曜がないので、コレで由伸が火曜先発に回るコトは確実となっているから、今のローテーションから誰かしらが抜ける形となる模様。

正直言って誰を外すのか、予想がつかない・・・(´・ω・`)

まあ、鈴木優か、ヤマサチか、榊原の誰かしらになるんだろうけど

今週の成績見てみると、

U鈴木→4回85球3安打4よんたま1失点
ヤマサチ→3回1/3、75球10安打2よんたま7失点
榊原→4回90球3安打7よんたま2失点

うーん、どいつもこいつも持たないなあとしか言えないんだケド、

やはり早い回から点を取られてしまったヤマサチなのかなあ。

それにしても誰が抜けるにしても、2人は残るワケなので残る2人(誰かは分からないが)も、次週の登板ではしっかりして貰いたい。

ロッテにもアジャ始め一発のあるバッターや、しぶとく繋いでくる打者が多いからね(・ω・)

札幌で打った打った!綱紀プロ初勝利・まとめ

火曜日は荒西が打たれ、水曜はノブが打たれて負けてしまってる。

やっぱりオリックスは中継ぎがどれだけ頑張れるのかも課題になって来る中で、今日の凌から綱紀のプロ初勝利は中継ぎ陣ゼロ継投のおかげだと思う。

点差が開いていたとは言え、7回からはノブ→ヒギンス→ディクソンの勝ちパターンでキッチリ勝てたオリックス。

特にヒギンスは前の楽天戦での登板で初失点後以来だったから、良い調整になったかもしれない。

日ハム戦最後で、田嶋がどんなピッチングをするか?最近田嶋の時は援護がないから、打線もバーヘイゲンを何とか攻略して、今週最低2勝で終わりたい。

それでも7月は勝ち越しで終わったオリックス。

8月はもっと早くに勝ち越してね←

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

(Photo ©Sakura Sakaguchi)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
オリックス2020贔屓コラム
スポンサーリンク
シェアしてね!
みずをフォローして下さると嬉しいです!
みずブロ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました